michelebattiste.com

夏は家族で旅行したい。でも、派遣社員の夏休みってどうなっているの?

派遣社員でもまとまって休みを取ることは可能なので、事前にシフトや繁忙期などの日程を確認のうえ、派遣会社と相談することが休日確保の第一歩です。
編集部

派遣社員になると「休みがない」と思われがちですが、そうではありません。労働は基本的に「労働基準法」によって定められた条件によるので、まったく休日が取れない、ということもありません。また、職種によってはお盆や夏休みが確保されているので、事前に挑戦できるかどうか、ということを確認してみるとよいでしょう。

最近は派遣社員の待遇も改善されている

一時期、「派遣社員」といえば、まったく仕事がない、保障が無い、というようにメディアに報道されていましたが現在はそのような条件でも無くなってきました。比較的、仕事の条件も整っていますし、対応できる業種も確実に増えてきています。「この分野なら安心して働ける」という仕事もかなり増えているので、そのあたりの業種について、思い切って挑戦してみることがお勧めです。

職場での信頼関係を築く

まとまった休日を取るには、職場での信頼関係が必須になります。派遣社員といえ、それは同様で、繁忙期や閑散期での休日の調整、シフト制での休日の調整などは合わせて行えるようにしておくことです。このあたりの対応が曖昧になってしまえば、当然ながら休日は思い切って取れません。しっかりと納得できる条件で休みをまとまって取れるように調整しておくことが大切です。そうすれば、無理なく安心してまとまった休みを取れるようになります。

有給も消化できることも

職場では「有給」もまとまって消化することができます。このあたりは「お仕事の条件」をしっかりと確認しておくことで、トラブルなく安心して仕事で休みを取ることが可能です。「こういう条件だから、この時期に休む」というように、ある程度、明確な方向性や方針を持っておくことで、休日も確保することが出来るので、自分で意識して休みを取れるようにしておくことで間違いが発生しません。

事前に派遣会社に希望を伝える

夏休みを確保したければ、1カ月程度前から、派遣会社に相談してみることをお勧めします。明確な理由や、仕事の働きぶりが悪くなければ、まとまった休みを確保することも決して難しいことではありません。「こういう理由でまとまった休みを確保したい」としっかりと伝えれば、十分に休みを確保することも決して難しくありません。自分の仕事ぶりが悪くなければ、職場でまとまった休日を確保することもできるので、ぜひ事前に相談してみることをお勧めいたします。

Return Top