michelebattiste.com

人手不足はアルバイトだけじゃない。派遣も時給があがっている!

日本の景気もアベノミクスをはじめとして回復の兆候を見せてきたことで派遣のお仕事でも人材確保の動きが広がってきました。早めに人材確保をしたい業種などでは時給アップは珍しいことではないので、ぜひうまく活用してみてください。
編集部

派遣といえば、あまりお仕事のイメージが良くない、と考えている人もいますが、うまく働くことによって高い給料を得られるチャンスがあります。自分に合ったお仕事はどのようなものか知れるきっかけにもなりますし「従来よりも給料が高い」と知れば、十分に働く魅力もあるのではないでしょうか。

最低賃金の改正が直接、給与に反映

近年、消費税が5パーセントから8パーセントに高くなる前に最低賃金が全国的に見直され、それによって派遣労働のお仕事でも給与が一定額、高くなりました。全国の各地域で定められている最低賃金は、地域ごとに違うものの、単純労働の派遣のお仕事は最低賃金をベースに決定されている傾向があるので、全体として給与が高くなった、と捉えることも十分に可能です。

日本の景気が上向きに

アベノミクスをはじめとして、日本も従来よりも景気が上向きに向上してきた、というのが派遣労働にも直接、給与いう形で影響しています。人手不足でアルバイト自体も減少している中、少しでも確実に良い人材を確保したい、という企業側の狙いもあり、給与自体の設定もやや高めに設定して、よい人材を集めようという狙いがあるようです。一般的に景気が良い時ほど「給与」などの条件は高めに設定される傾向があるので、ぜひ良い条件を探してみてはいかがでしょうか。

特殊な専門業は派遣も高めの給与設定

一般の人のスキルではなかなかすぐには始めることが出来ない技術職は、給与が高めに設定されていることが多くあります。全体的に給与などの条件が高くなっているお仕事としては、工場関係でも技術職の人、コンピューター関連でもある程度のスキルや能力が必要とされる人材で、スポットとして募集されているような場合には、ほとんど正社員と変わらない待遇であることも珍しく無いのでチャンスです。

地方の派遣のお仕事もベースアップの傾向

地方でも、若者の仕事の定着率が良くなく、そのため派遣のお仕事も「時給」を高くして定着率を高くしよう、という狙いがあるようです。近年では、なかなか安定してお仕事をしてくれる人が減少しているだけに、確実に働いてくれて、稼げるお仕事をしてくれる人材を集めたい、という狙いがあるようです。なかなか派遣のお仕事でも、このように「安定した給与」を得ようと思うと、難しい側面がありますが、ある程度よい人材を集めようと思えば、それだけ「魅力ある待遇」を提示することが求められる時代になってきました。

Return Top